読者コメントの森

あつまれコメントの森

ネット記事の読者コメントを厳選、読みやすく編集してご紹介。徐々にジャンルを拡げてまいる予定です。

回転寿司(スシロー、くら寿司)

f:id:kakunin-test:20201217080703j:plain

スシローが過去最高売上、くら寿司が赤字転落

現在はスシローに鞍替え。理由は単純に味。後はお寿司の魚の種類。くら寿司はお魚の種類が本当に少ない。色々変わり種も食べますけど、やっぱり魚が食べたいです。

スシローは美味いが喋っている人達の横をすり抜けて普通に回っている。客前でも対策が不十分だということは調理場なんてもっとそう。

くら寿司は感染対策を徹底している。くら寿司は海外で損を出しただけであり国内は好調。コロナ禍では、くら寿司の方が安心感がある。

店で食べるという意味ではスシローはほぼなんの対策もしてないし今は怖くて行けない。くら寿司はカバーもあるし、特急レーンが上のほうにあるからまだマシ

くら寿司ははっきりっておいしくない。スシローも最近はネタが小さくなってお粗末になってはいるが味に妥協がない。その結果がいま

ネタをいいものにしシャリをよくすればお客は戻ってくるはず。サイドメニューで勝負とか一番のベースをおろそかにしている結果です。

スシローは美味いけど、テーブル席空いてても、ひとりで行くとカウンターにぎゅうぎゅうにすし詰めされて密になるし、寿司もカバーかけずに露わになって届くから、途中で飛沫がかかってそうで怖い。

 デリバリー対応が早かったってのは重要だよね。

先ず何より味が違う。ネタも違う。勝負になっていない。
くら寿司は、すし以外は食べれないことはないのだが、すし自体が全然。

くらでもスシローでもその時々でいいネタのときもあれば、いまいちの時もあるけどね。100円寿司でチェーン店で、常に状態のよいものは無理でしょ。
そこそこの頻度で行ってたら鮮度の変化よくわかりますよ。鮮度よくておいしかったものでも、数日後いくと味が変わってたり。逆に鮮度がいいネタもあったりする。

寿司の店なのに寿司がおいしくない・本来の魚ネタが少ないというのは致命的な弱点。それに、本当に感染予防を気にしている人はそういう店に行かないと思う。
そこがデリバリーも含めた結果になっているんだろうね。

くら寿司の方がカバーがついているし、感染対策ができているという人もいるが、そもそもああいう回転が激しい店で、カバーもそれなりの頻度で洗えているのだろうか?ある意味危険だと思う

無添くら寿司無添加」←実際のところは添加物を使いまくりです。
無添加のことだと勘違いしてしまう表現ですが、後から突っ込まれた時に「無添加とは言っていない」と言い訳できる。姑息な戦略、企業姿勢。

くら寿司は寿司もあるファミレスみたいな感覚で楽しんでる人が多いんだろうね。

最近のお正月はくら寿司をテイクアウトしていたのですが、年々美味しくなくなっています。マグロ以外のネタを注文するとひどくネタが小さく半分に切れていたりしてがっかりしました。

基本的に同じですよ。冷凍もののエビ・イカ・魚フィレ・玉子これは大手商社から買い付けております。マグロにしても焼津などの冷凍のヨーカン上にされたものを解凍して切りつけるだけです。

寿司の原価率は42~50位ですが、他の外食は30以下です。ですので、くらはサイドメニューに力を入れています。また、本当に寿司を食べたいのであればちゃんとした寿司屋に行けばいいだけの事です。

くら寿司はCMで出ている商品と実際に店舗で出てくる商品が違いすぎます。日本広告機構から過剰広告として指導が入らないのでしょうか?その点スシローのほうが、安心して食べられます。

くら寿司は以前新卒内定者に対して違法な内定取り消しを行って問題になってたな
人事担当者の対応も横柄だったようだ。そんな社風もライバルに差をつけられた要因では

近所のスシローは、最近味が落ちました。一緒に行った息子も「最近まずいよね」と言ってましたので、気のせいではなさそうです。客が減って回転が悪くなったのが影響してるのでしょうか。

スシローは皿やテーブルが汚かったり、回ってくる寿司のネタがズレ落ちてたり、感染対策全然してなかったり最近忙しさのせいか質が落ちた。
色んな企画や安さ、旨さのバランスは良いけど今のような姿勢だといずれ客は離れていく気がする

どちらもここの店舗は美味しい、ここの店舗はちょっとなんてのがよくある。この差が何なのか不思議。なので美味しい店舗を見つけたらそこが行き付けになる。

学生の時にくら寿司でアルバイト。忙しいお昼と夜だけ働き、その間は休憩4時間といった無茶なシフトであったり、30分単位で時給がつくので29分でタイムカードを切らされたり、今思うとかなりのパワハラな職場でした。そういった社風がサービスに影響しているのではないでしょうか。

くら寿司はテイクアウトすると、悲しくなる見た目と色の寿司が食卓に並ぶ。スシローはテイクアウトでも、でかでかとした色つやのある寿司が楽しめる。こうして家で冷静に見比べる機会が増えたからスシローを選ぶ人が増えたんじゃないかな

くら寿司って店内カメラで従業員を完全管理していて,テーブルの拭き方までチェックしていて,右手でテーブルを拭いている時に左手が何もしていないと叱られるそうです。そういう会社で働きたくないですね。

私はくら寿司の方が好きです。味だけではなく、100円回転寿司という感覚で利用するので、スシローだと最近は100円以上の皿が多いので。
くら寿司は100円皿が多いので、くら寿司の方が利用しやすいかな。
あとはお皿を片付けながら食べられるのは良いと思います。

 

 順次追加してまいります!