読者コメントの森

あつまれコメントの森

ネット記事の読者コメントを厳選、読みやすく編集してご紹介。徐々にジャンルを拡げてまいる予定です。

パソナ就職難1000人雇用、淡路島2年間

f:id:kakunin-test:20201217151801p:plain

 

パソナ、就職難の若者1000人雇用=契約社員、淡路島で2年間

newspicks.com

 日本が海外からの移民政策を進めるに当たっての政府と国民に向けてのプレゼンスの一環だろうな。パソナの会長は竹中平蔵。竹中は移民政策賛成派。
移民政策がgoになれば国策としての移民政策の窓口にパソナが選ばれるだろう。
そうしたら、入れて登録し派遣すればナンボでもピンハネができる。入れれば入れるだけこのグループは政府の後ろ盾があるから儲かる。そういうシナリオが着々とできつつあるんだろう。
政府の推し進める方向とパソナグループがする施策が面白いぐらいに一致しているのは不思議でならない。

これを良いニュースと思わないで欲しい。
今の就職者が不安定な環境に立たされてる制度を作った元凶が会長。
失業者が増えると利用者が増え利益がどんどん出る仕組みなのにまだまだ人員を買いたたきをしてるって事

ほんの数人の本当に使えるやつは社員登用。
残りは景気が上向いて人手不足なら営業のソルジャーか本人同意の上、派遣社員として使うと思われる。要は募集費のかからない人集め

大阪市民以外には意外に知られていないが、大阪市役所の窓口業務は皆パソナ派遣に切り替わっている。詳細を尋ねても一回一回奥にいる職員に確認しに行く始末。

今年10月の話しだが、福岡市がパソナに委託した新型コロナ対策関連業務でパソナ側が人材派遣するどころか人員不足を理由に福岡市職員1千人をパソナに派遣させ、本来パソナ側がやるべき市からの委託業務を手伝いの市職員にやらせておいて市側は委託費用10億円の返還を求めないという世にも奇妙なニュースがあった。
利益の為ならありとあらゆる方法を駆使するのでしょうね

淡路島のパソナ関連施設の客としてか。
パソナの店員がパソナの客をもてなすのを実習と言う名で格安で働かせ搾取する。カイジの地下行きと同じかな

経歴に穴を開けてはいけない、という日本だけの謎習慣を止めた方がよいのでは。職歴にこの2年で「パソナ勤務」と書いて、本当にそれで箔が付くのでしょうか

これ早々に本社淡路島移転をぶち上げたけれど、社内で転勤承諾者が少なくて、それを埋めるためなのではないの。

パソナって日本人の所得を下げた原因会社ですよ。外国には人材派遣なる業種はありません。似たような物はありますが、雇用形態は派遣会社の正社員です。だから派遣されていなくても給料は出ます。

21卒で5月にここの会社を受けました。一次面接通過の連絡を6月に頂いてから、何の連絡もなく、半年が過ぎました。他に受けられた方も問い合わせをしたそうですが、連絡が返ってこなかったそうです。

淡路島にはパソナ資本の飲食店やら娯楽施設があるんでしょ。
2年間働いたお金をパソナに落とす。漫画で僻地の工事現場に連れていかれ、働いたお金は元締めの経営する僻地の食堂や娯楽施設にすべて落とすというのがあった。完全にそのパターンだね。

正規雇用の仕組みを作った人が、非正規雇用で新卒者を拘束する。
何処が良いニュースなんでしょうか。

 体のいいリストラが終わったところで次や給料の安い契約社員形態で歩兵を採用。就職難を救っているように見せて、にうまくやってるよな

一度派遣社員やったら、もう正規雇用の道は無くなるかな。
アドバイスとしては、絶対に正規雇用を勝ち取ること、転職で格上に行けるのはよほどの技量がないと無理なので、新卒ならば絶対に大手にチャレンジしてほしい。

で、なぜ契約社員ですかね。
その後、派遣されるプロジェクト型社員とかなんとか、言葉のからくりで結局は派遣労働者としてパソナから行かせるつもりでしょう。

非正規の拡大に伴いピンハネ社会に食い込んだ会長さんの思惑通りになっているという事です。暗闇の中の一筋の光に見える罠というところでしょうかね

今年6月。持続化給付金で、電通が元受けで、流して受け止めた会社がパソナ電通子会社の一部は、申請サポート会場の設置運営など大半の業務を人材派遣大手のパソナなどに外注。東京新聞抜粋。

恐らく政府の助成金か何かを目当てでしょう!以前は就職氷河期世代救済名目で電話が来ましたよ。

キャリア形成には何の役にも立たないし、淡路島に住んでいたら、就職活動も出来ないだろう。契約期間終われば、正社員とか言われて無期限雇用、時給日給制の派遣社員生活が待っている

これの2ヶ月版のようなものをパソナで体験したが、30人1クラスぐらいで役に立たないビジネスマナーや授業を受けさせられた。一番最悪なのが、いかに自分がダメな人間かを考えさせる洗脳のような授業が多かったこと。これが淡路島の逃げられないところで実施されるとなると、受講した人の中には取り返しがつかない事になる人も出てくるのでは。

本社の移転にしても今回の雇用にしても、確かに評価できる褒めるべき点はあると思うのですが。最終的には企業ですから儲けて生き残るのが本道。会社にとって損になる事はしません。

パソナ就職氷河期と言われたリーマンショック時も同様の事をしていた。

淡路島本社移転って助成金とか出てなかったかな。とにかく国も何か絡んでるでしょ。パソナ電通は何かあるはず。

パソナを潰せとは言わんがキチンと社会的な責任は取らせないとダメだろう。
平成の30年間でパソナがやって来た事、日本経済に与えた悪影響は限りなく大きい。
一概にパソナだけが悪いとも言えんが相応の責任はあるはずだ。

生活保護費とあまり変わらないんですが竹中さん。
○生活扶助額の例 (平成30年10月時点) 東京都区部等161,890円

第二新卒の定義(実質25歳~26歳)が広がっているとはいえ、いまだ「新卒カード」は人生で一度きりのものというのがこの日本社会。よほどのメリットを覚えない限り、いきなり非正規での就職は本当におすすめしない。

プロパーで3年程度、しっかりと職歴を重ねていかないといわゆる「ジョブホッパー」となり35歳過ぎたあたりで厳しい思いをするだろう。古臭い常識に聞こえるかもしれないが、上場企業で採用などに携わる人間としてあえて「現実的」なことを伝えたい。

パソナね。これ私が大学卒業する年の初期の就職氷河期世代である1996年度新卒者募集でもやってたよ。淡路島ではないけど都内の企業に派遣します、という仕組みで。パソナの方で新卒者研修はします、派遣でも福利厚生もつきますという。

同じサークルの友達だった子が行った。でも、派遣で働きながら正社員就活を続けて、何年経っても正社員経験がない事で採用試験が通らず、正社員になれない事に苦しむようになり、派遣先で派遣イジメやセクハラで精神的に不安定になって、心療内科に通院するようになってしまった。若い人を使い古しにする悪い制度です。

 NHKの次に潰れて欲しい会社。パソナが無くなって初めて景気が良くなったと言える。派遣会社の中抜きした分を契約社員が直接収入に還元出来るようにする方が、少子化対策や日本の経済が良くなる

若い方は安易に登録せずに、苦しくても正社員の道を探した方がいい。氷河期世代も正社員の道もなく派遣にならざるを得ませんでしたが、結局得たものは不安定な雇用と年齢を重ねる事による正社員への更なる狭き門だけです。

今シーズンは就職が一気に落ちたので優秀な人材が豊富だろうが、その様な若者達をまさか使い捨て同様に扱わないだろうなと釘は刺しておきたい。今はその様な派遣企業が捨てるほどある。

社員だとしても、特殊な業種ならともかく、派遣会社で有期で2年しか働かなかった履歴残ったら、30の時点で新卒並みの給料になるのは起業しなければほぼ不可能だよ。それを誰より分かってるのは派遣会社であるパソナさんじゃないの?

そもそも論として派遣の規制緩和をしなければかつての雇用の安定は守られた。
パソナの竹中や株主のための構造改革から日本の安定神話は崩れ去った。