読者コメントの森

あつまれコメントの森

ネット記事の読者コメントを厳選、読みやすく編集してご紹介。徐々にジャンルを拡げてまいる予定です。

アイリスオーヤマ

f:id:kakunin-test:20201219161122p:plain

工場を普段から70%くらいしか稼働せず

f:id:kakunin-test:20201219161433j:plain

f:id:kakunin-test:20201219161425j:plain

f:id:kakunin-test:20201219161431j:plain

いざという時のために余裕を持たせてるらしい。こんなことしても非上場だから誰にも文句を言われない

バッファは必要。無駄ではない。 弊社生産管理係、稼働率90%で生産計画たてるから、不意のトラブルで出荷がヤバくなること多発。ちな、設備修理費をケチられるのでトラブルが止まないのまでお約束。

ポリシーを持った臨機応変

メンテナンスとかを順次行って行ってると70%でも余裕ない気がしますが

こう言うのや少人数チームで名作を作ったとかの話し聞く度に 効率や資本は返って足手まといなのかなとか思ってしまう

さすが、リーマンショック後に相次ぐリストラの中で逆に中途採用で技術者を集めた会社だ

かなり前の営業さん、デスマーチだったけどな…尋常じゃない車移動

スラックですね。余裕のお陰で結果的にたくさん作れる。

稼働率70%って空きスペースだけの問題じゃ無くて、工数も入ってくるわけで、急な設備導入を30%の余裕でカバーしきれんのかなと思いますが、誰にも文句言わせないならアリかもですね

アリの巣では常に働かない一定数の余力があることで長期的な巣の存続が可能らしいっていう話を読んだんだけど、その話によく似てる。その中で人間社会についても無駄を省きすぎることで余力がなく何かあった時に会社が回らなくなる的な話があったし、大変理にかなったやり方なのでは

少し的外れかもしれないが似たような事例を。とある病院では手術待ちになってる患者がどれだけいても数室ある手術室のうち必ず1部屋だけは空きを作っていたそうな。すると手術の回転率がかえって良くなったとのこと。 「稼働率・使用率を100%にしない」というのは非常に重要な戦略なのかも。

 ビジネススキームは違うけど、ホテルでも稼働率を100%にしてはいけないと云う話がある。臨機応変に対応するための冗長性という話ばかりじゃなく、100%埋まってしまうのは需要に対して価格が安すぎるからという発想。欲しいと思った人の9割くらいが買える価格が利益最大になる。

明らかに経営理念の差だね! 工場を東北に施設したし安価な場所を狙い製品を 作る事も経営戦略の一つ

人的リソースも70%稼働が出来てると良いですね。 物を生み出すには”余裕”が必要。 日本が技術立国と呼ばれた時代、良い意味で”余裕”があった。 そして、その余裕を使って寝ないで120%力を発揮し、面白い商品を生み出した。 メチャクチャ頑張るには”余裕”が必要。

本来の国家観に通ずるものがあります。 余裕は無駄ではない。

それはそれとしてアイリスオーヤマの照明大嫌い。素人さんが買って自分で付けられないパターン結構遭遇する

生産技術を知らない奴は いいねする 設計時に70%で設計するから どこの企業も 70%も生産能力だよ

これは、国民にお金を配った時の「伸びしろ」にもなりますね。 「伸びしろ」が無いと、商品の奪い合いが起こり、インフレになり、お金を配った効果が薄れます。

上場していると、棚残を抑制してかつ、競合に取られないように物量を確保しろという無理難題を押し付けてくる。生産計画も現場の能力も知らないのに、上が勝手に決めるから、余裕がなく現場は疲弊する。

ここ数年で、様々なメディアがアイリスオーヤマの働き方や特殊な製品開発方法をクローズアップしていますね。

70%が良いかは分からんが、目付は正しいね。 通常100%フル稼働など、実はムダの温床。 ムリ、ムダ、ムラとはよく言ったもので、設備も人間も日常100%なんてしてたら上手くいくはずない。 生産計画も、事業計画も、70%を100として考えれば良いだけ。余力残すのは重要。

正にこれ、これでSONYアメリカに乗っ取られたしサラリーマンの稼いだ金は株主に持ってかれるから働いても意味が無い仕組みになる、上場しないのが1番

 

 

 

 

順次、追加してまいります!